貝殻こけし舎

湘南の海で貝殻とゴミを拾う記録。プラごみの出ないおやつハンターです。

「海岸美化団体等交流会」潜入してきたよ その1

海岸ゴミを拾うには…

f:id:kaotandoll:20190303100941j:plain
汐見台海岸

土曜の朝9:30頃の汐見台の海岸は、サーファーやお散歩の人々で賑わっていました。


f:id:kaotandoll:20190303094952j:plain
第1しおれみかん発見

シーグラス、ワスレガイ、かわわ

f:id:kaotandoll:20190303101017j:plain
ちょこっと拾いましたね


かながわ海岸美化財団

実は今回、かながわ海岸美化財団のページに載っていた神奈川県の河川や海岸で清掃活動をしている団体の交流会に潜入して来ました!!汐見台海岸のすぐ近くです。

f:id:kaotandoll:20190303115026j:plain

交流会とは
海が好きな方なら、誰でも参加できます!
海岸・河川等において環境美化活動に取り組んでいるボランティア団体や企業、関係行政機関等だけでなく、海が好きな方ならだれでも参加できる気軽な集まりです。
海や環境に関する方の講演あり、その後の懇親会では、情報や意見交換を通じて相互の連携等を深めていただく場となっています。

lll 公益財団法人かながわ海岸美化財団 lll



湘南界隈には、長年ゴミ拾い活動をされている団体がいくつもあります。kaotanは2015年に東京農工大学の高田秀重教授のマイクロプラスチックの話を聞いて衝撃を受けて以来、個人的に地元の海岸清掃をするようになりました。


高田秀重教授の講演のお話は以前こちらに書きました。
www.kaotan.work


当初は「公益財団法人かながわ海岸美化財団」の仕組みを知り利用して夫のマンブルさんと海岸清掃をしていました。


かながわ海岸美化財団は、横須賀市走水海岸から湯河原町湯河原海岸までの約150キロメートルの自然海岸約150kmの一体的な清掃をしているそうですが、同時に誰でもビーチクリーンが出来るように、海岸に漂着するゴミを家庭に持ち帰ることなく清掃できる仕組みを作ってくれています。


個人でも団体でも申し込みができて、清掃の一週間前までに、清掃する場所と日時を決めて財団に連絡すると、開催日までにゴミ袋などの清掃道具や、集めた海岸ゴミの集積場所や、その地域の分別方法の書類等が送られてきます。希望者にはトングや旗なんかも貸してくれるんですよ。

f:id:kaotandoll:20190303102245j:plain
とったどー(2015)

えーっと、他の団体さんのゴミも混ざっています。

指定時間の指定場所に財団がゴミを回収に来てくれるという仕組みです、が、kaotanとマンブルは突発的にゴミを拾いたくなる事が多いため、予め一週間前に期日を決めるというスタイルが結構難しく、ここ数年は好きな時に拾い、自宅に持ち帰り家庭用のゴミ袋に分別し直し捨てるスタイルになりました。

ゴミ拾いのポータルサイト

楽しく賑やかに海岸清掃をしたい方なんかは、いくつかの団体があるので試してみてはいかがでしょう。


全国のゴミ拾い・環境イベントポータルサイトがあります。ごみ拾いや環境イベントをしている人と、活動に参加したい人をマッチングするサイトです。

blueshipjapan.com

海さくら

“目指せ!日本一楽しいゴミ拾い”がテーマの「海さくら」では楽しいイベントが盛り沢山の様子ですが、ワイワイ拾うプロジェクトの他に、マイペースでゴミを拾える “拾っちゃい隊” という仕組みがあります。

これは江の島の観光案内所でゴミ拾いの道具を一式借り、ゴミを拾った後もゴミを持ち帰らずに、島内の集積場に捨てて帰ることが出来るというものです。

kaotanも随分前ですが、こちらの仕組みを利用して、江の島の岩場のゴミを拾ったことがあります。当日いきなりの思いつきで道具を借りゴミを拾うことができるのですよ。便利〜


umisakura.com


f:id:kaotandoll:20190303144317j:plain
拾っちゃい隊の道具一式(2015)


さて、前置きが随分長くなってしまいました。肝心の潜入レポートは次回に続きます。