貝殻こけし舎

湘南在住。海が好き。愛と調和で美しい海に

海辺の宿シリーズ: 油壺の旅 晴れのち雨になっちゃったの巻

湯上りのまったりとした時間もあっという間に過ぎ、夕食の時間となりました。夕食は1階のレストラン潮彩です。案内された席は窓の前のテーブル席で、目の前に小網代湾が広がります。

f:id:kaotandoll:20200727215334j:plain
こんな感じ


生ビールで乾杯をしつつも、すぐにご飯を食べる派の我々なので、デザートを食べ終える頃に、やっとこ日が暮れ始めましたよね。お茶飲みながらシーボニアマリーナをぼんやりと眺める。


今宵はkaotanもマンブル氏も夕食の後片付けをしないで良いのです。部屋に戻ってお布団にダイブして、ゴロゴロ、だらだら、ボーッとし放題。何やってもOK。何にもしなくてもOK。改めて旅してる感を味わうのだった。最高。


f:id:kaotandoll:20200727221223j:plain



レストラン潮彩にいるのは我々と、女湯で一緒になった親子らしき女性二人組と、男性一人のみ。ひょっとして宿泊客は私たちだけだったりして?いやいや、予約する時に、もっと良いお部屋は埋まっていたはずだから…


…と「まさか」と思ってはいましたが、翌朝給仕さんとの会話で宿泊者が我々だけだったことが判明しました。まじか。冗談抜きで貸し切り状態だったか。確かに我々以外に誰も居ない。


旅行業界、コロナ禍、厳しい状態だということが、この日の油壺マリンパークと宿の様子でひしひし感じましたよ。梅雨の影響もあったかもなんだけど、どちらにしろ宿泊者の数よりスタッフの数のが断然多いこの現象。経営していくには大変だろうな〜と想像できます。


f:id:kaotandoll:20200728090830j:plain
朝ごはんはこんな感じ


夕食と同じ小網代湾の眺める席で朝食を。
しかし昨日と同じとは言えないのがお天気。
2日目は雨。しかも肌寒い感じ。5時台に目覚めたときはどしゃ降りの雨状態でした。


まあ、あんまり考えないようにしていただけで、初日から想像はついていたのですが。今回雨具は置いてきたので、ビーチコーミングは無理の日と決定。がーん!今回海辺の宿に泊まったけど、全然ビーチコの旅になりませんでした。ががががーん!


そして今回は利用しませんでしたが、次回は是非利用したい仕組みがありました。

f:id:kaotandoll:20200728092801j:plain
みうらレンタサイクル


三段ギア付き電動アシスト自転車!!


日頃から自転車生活を送っているkaotanとマンブル氏は、過去の真鶴や北海道や箱根などの様々な旅先でレンタサイクルを利用してきました。そんな我々にはぴったり過ぎる!って生唾飲んだよ。(今回は唾のんだだけで利用できなかったよ)


なんとみうらレンタサイクルは、みうら観光の拠点になる5カ所のポートのどこにでも自転車を返却できるという最強の仕組みがあるんです。行きだけ、帰りだけの利用など、自分の旅に合わせて効率よく利用できそうです。(その場合乗り捨て料金500円かかるけどね)


なんと油壺ポートは観潮荘前だった!笑
このレンタサイクルを利用すれば、城ヶ崎ビーチコやうらりマルシェでマグロランチなどなど、自分たちにペースでのんびり海を感じながら観光出来そうです。いざとなったら乗り捨て出来るって最強の仕組みだね。


ていうか、そもそも油壺はマンブル氏が自転車で走りに来た事が何度かあり、その風景にみせられて「kaotanも油壺に行く?」と誘ってくれたのが発端でした。


アップダウンのある三浦の地形は、kaotanの体力では自転車無理なんでね?って事でずっとお蔵入りしていた油壺行きだったのです。真っ赤なみうらレンタサイクルをみて、また来なくちゃって思ったよね。


もう一度書く。

三段ギア付き電動アシスト自転車!!


www.miuracycle.com


f:id:kaotandoll:20200728094913j:plain


また今度晴れた日に自転車旅に来なくちゃ!って思いながら、バスに乗った俺たち。マンブル氏の哀愁のマスクの横顔越しの観潮荘にまたね〜!と手を振る。


次回は雨なので大人しく家に帰るか?…からの、横浜観光の様子をお楽しみに。




読んでくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。お手数ですが、読んだよー!のしるしに貝殻をポチッとよろしくお願いします。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
 

ブロガーの皆さまにお知らせです

ブログ村のテーマ「海を楽しむ」があります。海に関するブログを書いたときには、お気軽にトラックバックしてください。海の話で楽しくもりあがりたいです。

未だ見ぬ上空の世界をみてみたい